八斗島線

八斗島線は剛志線№3に併架している境町線(番号不明)から分かれています。
そして八斗島変電所までを結んでいます。佐波線に併架している箇所の八斗島線は
番号の確認がとれていません。境町線から分かれたら佐波線№30に併架をします。
八斗島線はしばらく佐波線に併架をしていきます。
剛志線№3です。写真の鉄塔の左側が剛志線の若番側です。




佐波線№30(八斗島線№1)です。下の2回路が八斗島線です。
写真の鉄塔の左側が佐波線の若番側、八斗島線の老番側です。




佐波線№30と剛志線№3です。




佐波線№20(八斗島線№11)です。
時沢-岡部が併架してくるので、
一番下の段へ八斗島線はいってしまいます。


下の写真の鉄塔の右側の奥の線が佐波線の老番側、八斗島線の若番側です。
そして鉄塔の左側が時沢-岡部の若番側です。


佐波線№19(八斗島線№12)です。明乳群馬線が分かれています。
八斗島線は佐波線№19で佐波線に併架するのをやめ、八斗島線だけになります。
撮影者の場所に向ってきている線が八斗島線の老番側です。
鉄塔の右側が佐波線の若番側です。真ん中の2回路は時沢-岡部です。


八斗島線№13です。




八斗島線№16です。中央銘板線が分かれています。


八斗島線№17です。八斗島変電所へと接続しています。







トップページ   送電線