大久保線

生品線№18から分かれています。
生品線№18です。








大久保線№1です。




写真は左から順に大久保線№1、№2、№3、№4です。
奥の方に写っているのは只見幹線です。



同じようなアングルの写真ですが、
左から順に大久保線№1、№2、№3です。


大久保線№2です。




大久保線№3です。
両方持ちから片持ちへと変わっていました。






同じく、大久保線№3です。北側から若番側を撮影しました。


写真に写っている正面の鉄塔が№4です。
この鉄塔で、また片持ちから両方持ちへと変わっていました。
奥に写っているのが大久保線№5です。




大久保線№6最終鉄塔です。
地中線へ行っていました。








鉄塔の上部を撮影しました。』


地中線の行先は『木村鋳造』でした。




トップページ   送電線