金井線

金井線は、金井発電所から野中変電所までを結んでいる線です。
金井発電所側から追って行こうと思います。
ここから金井線が始まっています。

    

№1です。北橘線が併架しています。北橘線の1回路に渋川線が接続しています。
上の2回路が金井線です。

     

金井線№11です。併架している北橘線から子持変電所へと電線が行っています。

    

№16から若番側を見た写真です。

    

№23です。鉄塔の一番上を大崎線が通過しています。
今まで併架していた北橘線は大崎線へ併架していきました。
真ん中の2回路が金井線です。
下の2回路が北橘線です。
写真の右側が老番側で、奥が大崎線の若番側です。

    


金井線№25です。1回路の日本カーリット線が分かれていました。
山がよく見えました。

    

    


    


№26はなぜか欠番していました。
№27です。緑色に塗られていました。
注意書きには6万6千ボルトとありました。

    

    

    

№28も緑色に塗られていました。

    

    

№34も欠番していました。
№35は浄水場の敷地の中にありました。
なぜか鉄塔の足元は高くなっていました。

    

    

№44には田口線が接続していました。

    

    

№53です。

    

    


№60です。

    

    

№62です。

    

若番側を撮ってみました。

    

№63から南橘線が分かれていました。

    

    

№67からは片品川線が野中変電所まで併架していきます。
上の2回路が金井線です。

    

№75です。併架している片品川線から地中線の上泉町線が分かれていました。

    

    

最終鉄塔の金井線№84で片品川線、金井線は野中変電所に接続して終わります。

    

    




トップページ   送電線