上武連絡線

群馬幹線№117(併架:大類線から分岐)から群馬幹線№146
(上武線に接続※ジャンパ線は開放)までを結んでいます。

群馬幹線№117です。
左側から来た下段大類線から分岐しています。






しかしよくみると、ジャンパ線が開放されています。




群馬幹線№118(上武連絡線№1)です。
※以後、№ (№  )と省略させていただきます。





ちょっと見にくいですが、上武連絡線とあります。


№119(2)です。






若番側を撮影しました。


№120(3)です。
上武連絡線は捻架しています。












№121(№4)です。




№120(№3)から若番側を撮影しました。


№122(№5)です。






№123(№6)です。




№123(№6)から若番側を撮影。


№124(№7)です。




水面に鉄塔が反射しています。


白鳥?ですかね。
まあ見ためで白い鳥と分かりますが(笑)



№125(№8)です。




№126(№9)です。




№127(№10)です。




№128(№11)です。




№129(№12)です。










№130(№13)です。






№131(№14)です。








№132(№15)です。






ここでやっと上武連絡線の看板をみることができました。
それにしても連絡と手書きで付け足すとは。


しかもお札も手書きで付け足しです。


№132(№15)と上武連絡線№16(手前)です。








№133(№17)です。
玉村線が併架します。
確認ですが、
上段:群馬幹線
中段:上武連絡線
下段:玉村線
となっています。






№134(№18)(玉村線№2)です。
玉村線はここから離れて、玉村変電所へと向かいます。
気をつけてね!








№135(№19)です。




№136(№20)です。
次の鉄塔との間には烏川が流れています。




№137(№21)です。




№138(№22)です。




№139(№23)です。








№140(№24)です。




№141(№25)です。




№142(№26)です。






№142(№26)から若番側を撮影しました。


№143(№27)です。




№144(№28)です。
上信越自動車道が通っています。




№145(№29)(奥側)です。


№145(№29)です。




№145(№29)から老番側です。




№146(№ )と思いきや、
上武連絡線はこれで終わりになります。
今度は『上武線』が併架をしていきます。
紛らわしいですね。




ジャンパ線が開放されています。
確かに連絡線扱いですね。




トップページ   送電線