東足利線


東太田変電所から東足利変電所までを結ぶ線です。
東山線が併架しています。

まずは、東太田変電所構内です。
東足利線1号のпです。


東足利線2号のпです。


東足利線№2です。


№3から老番側です。








№3から若番側です。






№4です。






№7から若番側です。






№8です。


№9から若番側です。


№9です。ここから未使用線が併架しています。
併架している東山線からは矢場線が分かれています。








№10から老番側です。


別の角度からみた№9です。


№14から若番側です。




№14です。併架している東山線から竜舞線が分かれています。






№14から老番側です。






№15です。未使用線はここで終わります。






東山線ですが、長幹碍子?が3つ連続で…






№15から若番側です。


№16です。
東足利線から百頭線、併架している東山線から瑞穂野線が分かれています。




№17から老番側です。




№17です。
東山線から1回線分かれています。






№18です。
東足利線から2回線分かれて、御厨変電所へ接続しています。




№19です。






№20です。










№21です。




№21から若番側です。


№22です。上段の東足利線がねんがしています。




№23です。併架している東山線から東武和泉線が分かれています。




№20から若番側です。


№22から若番側です。


№24から老番側です。








№25です。




№25から若番側です。


№26です。




№27です。




№27から若番側です。


№28です。
併架している東山線から工場の受電設備へ接続しています。




№29です。




渡良瀬川の堤防上から辿ってきた東足利線を撮影しました。






№29から若番側です。


№27です。




№30です。






JR足利線(左)と東足利線№33(右)です。


№30から老番側です。




№31です。




№32です。




№33(最終鉄塔)です。東足利変電所へ接続しています。
東足利線1LからはJR足利線が分かれています。
ずっと併架してきた東山線は地中へ潜っています。




















トップページ   送電線